プロフィール
竹松勇二
profilephoto

1965年長野県生まれのイラストレーター
身長:173cm
体重:58kg
東京都在住
食べてもなかなか太らない

竹松勇二のイラストレーションsite

看板制作、印刷物制作の仕事に携わった後、
サラリーマンをしながら絵を描き続け、
現在イラストレーターとして活動しています。

・1999年〜2001年 福井真一イラストレーション教室へ
・1999年11月 玄光社『イラストレーション』誌のコンペ 第109回「ザ・チョイス入選」
・2001年 2月 BATクリエイターズオーディションVol.3(吉本興業+学生援護会)グラフィック部門賞
・2003年11月 エプソンカラーイメージングコンテスト2003 グラフィック部門 入選
・2005年 4月 イラストの仕事に邁進するために上京
・2005年 4月 企画展[Re-start] マルプギャラリー(マルプデザイン内)
・2005年 6月 イラストレーターズ通信原画展に参加
・2005年 9月 玄光社『イラストレーション』誌のコンペ 第144回「ザ・チョイス入選」
・2007年10月 企画展[服装術] マルプギャラリー(マルプデザイン内)
・2008年 4月 個展『サラリーマンに、戻りたい。』(オーパ・ギャラリー)

その他グループ展参加多数


※例えば、こんな仕事しています。

●単行本 文庫本等 書籍カバー
『こんな上司が部下を追いつめる』 文藝春秋
『韓国を食べる』 文藝春秋
『すごい!ホメ方』 廣済堂出版
『今さら誰にも聞けない「困った!どうする?」大百科』 廣済堂出版
『買ってはいけない 5』 週刊金曜日
『マニラ好き』太田出版
『マニラ通』太田出版
『極道のサラリーマン交渉術』 講談社
『早稲田式超スピード合格!中国語検定4級』 学研
『早稲田式超スピード合格!中国語検定3級』 学研
『信頼できる会社、信頼できない会社』 NTT出版
『大金持ちも驚いた105円という大金』 三五館
『ホウキとヤルキ』 三五館
『倒産社長の告白』 草思社
『脳は意外とおバカである』草思社
『サービスできないドイツ人、主張できない日本人』 草思社
『小心者の技術』大和書房
『「要領が悪い人」ほど成功する』 成美堂出版
『アジアで起業!読本』 情報センター出版局
『名言セラピー幕末スペシャル』 ディスカヴァー・トゥエンティワン
『バフェットとグレアムとぼく インドの13歳少年が書いた投資入門』 阪急コミュニケーションズ
IBCオーディオブックス『アインシュタインストーリー』 IBCパブリッシング
IBCオーディオブックス『菊と刀』 IBCパブリッシング
IBCオーディオブックス『赤毛のアン』 IBCパブリッシング
『ラディカリズムの果てに』 イプシロン出版企画
『変革の時代の経営者・管理者のコミュニケーション』 アルテ
『Be動詞を忘れれば英語は話せる』 プレイス
『英文法が渦をまいて河に流れる』 プレイス


●雑誌 PR誌 挿絵
『あるじゃん』 オールアバウト
『週刊金曜日』 金曜日
『Number』 文藝春秋
『TITLE』文藝春秋
『Gainer』光文社
『PHPカラット』PHP
『婦人公論』 中央公論新社
『この映画がすごい!』 宝島社
『別冊宝島』 宝島社
『日経ビジネス アソシエ』 日経BP社
『日経ベンチャー』 日経BP社
ポプラディア『サムズ!』 ポプラ社
『冷え取り健康ジャーナル』 健康ジャーナル社
『POCO21』パルシステム生活協同組合連合会
『マガジンアルク』 アルク


●文芸誌 挿絵
『愛ならどうだ!』(新野剛志)小説推理 連載 双葉社
『明日の風』(梁石日)小説宝石 連載 光文社
『大仏男』(原宏一)月刊ジェイノベル 連載 実業之日本社
『いついつまでも』(朝倉かすみ)小説新潮 新潮社
『ヴェリー・ナイス』(朝倉かすみ)小説新潮 新潮社
小説すばる エッセイ特集 トビラ 集英社


●広告
『株式会社リクルート』 イベントポスター
『テンスターズダイニング』 笑売哲学ノート 挿絵